最近、メディアでもよく取り上げられるZEH。

年々ZEHは増えており、これからマイホームの購入やリフォームをおこなうなら知っておきたい知識です。

とはいえ、ZEHという聞きなれない言葉の意味が何なのか、なぜZEHを建てるとよいのか分かりづらいですよね。

この記事では「ZEHとはどんな家なのか」から「メリットとデメリット」について、初心者でも理解できるようにわかりやすく解説していきます。

実は絶対にお得になるわけではなく、後悔してしまう人も少なくありませんので、しっかりと理解したうえで選択しましょう。

ZEHとは?簡単にわかりやすく解説

ZEHとは、ネット・ゼロ・エネルギー・ハウスの略称で、読み方はゼッチです。

簡単に説明すると、消費するエネルギーよりも創るエネルギーの方が上回る住宅のことです。

断熱性能を上げたり、LEDや高性能の給湯器などを取り入れて省エネにしつつ、太陽光発電パネルなどによる再生可能エネルギーによってエネルギー収支をゼロにする仕組みとなっています。

(画像)

エネルギー収支がゼロなので、光熱費などのランニングコストを抑えることができます。

環境に良く、光熱費の節約にもなるという、一見すると非の打ち所がない住宅です。

ZEH住宅の定義は?どんな基準を満たす必要があるの?

ZEHとして認められる住宅には、明確な基準があります。

一戸建てでも、マンションなどの集合ZEHでも定義は同じです。

  • 外皮基準(断熱性能)がUA値0.4〜0.6以下であること(地域によって数値は異なる)
  • 空調や給湯、照明、歓喜などの一次エネルギー消費量が基準となる住宅よりも20%削減できていること
  • 太陽光パネルなどの再生可能エネルギー導入を導入していること
  • エネルギー収支がゼロ以下であること

※UA値とは、平均熱感成立のこと。

参照元: ZEHの定義-経済産業省・資源エネルギー庁

省エネ住宅であることと再生可能エネルギーを導入していることの両方を満たさなければ、ZEHとは言いません。

またSIIに登録されたZEHビルダーが取り扱った住宅であることも、ZEHの必須要件となっています。

普及率はどのくらい?

実際にZEHを建てている人がどのくらいいるのかも気になりますよね。

ネット・ゼロ・エネルギーハウス支援事業の「調査発表会2018」の資料に、ZEH普及実績について記載されていましたので、参考にしてください。

zeh

画像引用元: https://sii.or.jp/

2018年10月末時点で登録済のZEHビルダー/プランナー6,996社のうち、567社がZEH普及実50%以上を実現。

このグラフを見ると、全く実績がないZEHビルダーが57.1%もおり、全体的な普及はまだまだである印象です。

一方で、ZEHを取り扱ったことのあるビルダーのうち、約3割の業者は50%以上の実績があります。

つまり全く取り扱わない業者と、積極的に取組んでいる業者の実績は両極端であるということです。

ZEHをいいと思う業者もいれば、あまりいいと思わない業者がいるため、このような結果になっているのでしょう。

また、これから紹介する補助金制度が今後利用できなくなる可能性があり、普及率は低迷する傾向にあるのではないかと考えています。

ZEH住宅の最大のメリットは補助金がもらえること

補助金のイメージ

ZEHを建てる最大のメリットは、補助金がもらえる点です。

経済産業省と環境省がおこなっている補助事業と、国交省がおこなっている補助事業があります。

国交省がおこなう補助事業はもらえる金額は140万円と大きいのですが、財源が少なく、もらえる人数に限りがあります。

そのため利用するのであれば、経済産業省と環境省がおこなっている補助事業がおすすめです。

ZEHの種類ごとの補助金額は、以下のとおりになります。

補助額
ZEH、Nearly ZEH、ZEH Oriented 70万円
ZEH+、Nearly ZEH+ 115万円
ZEH+R 125万円

※ZEH+とは、外皮性能などの強化によってエネルギー収支をさらに減らした住宅のこと。

※ZEH+Rとは、災害時に非常電源や温水機能の確保などができる住宅のこと。

※Nearly ZEHやZEH Orientedとは、雪国などで基準を満たすのが難しい地域にある住宅への特別措置。

高性能な住宅にすればするほど補助金の金額も増えるということです。

ZEHを検討するのであれば、補助金がもらえなくなる前に建ててくださいね。

参照元: 平成31年度の経済産業省と環境省のZEH補助金について

毎月の光熱費を抑えることができる

補助金がもらえること以外にも、ZEHには毎月の光熱費を抑えることができるメリットがあります。

年間20万円以上の節約も可能ですので、10年では200万円も光熱費を安くすることができる計算になります。

補助金がもらえるうえに、光熱費の節約もできる家計にやさしい住宅ということですね。

後悔する人も多い!?ZEH住宅にするデメリットも知っておこう

実はZEH住宅にはデメリットも多く、お得にならなかったと後悔する人も少なくありません。

ZEH住宅のデメリットは、以下のとおり。

  • 高性能の設備や太陽光発電パネルを購入しなければならない
  • 太陽光発電を導入しても使い切れなくて無駄になってしまう
  • 間取りが制限される

それぞれ詳しく解説していきます。

どうしても建築時にコストアップしてしまう

ZEHを建てるためには、高性能の設備や太陽光発電パネルを購入しなければならず、どうしても建築時にコストアップしてしまいます。

最も効率的にエネルギー消費を抑える方法は給湯設備を高性能にすることなのですが、エネファームやエコワンなどの良い設備を入れると費用がかさみます。

家電製品の寿命はおおよそ10〜15年ですから、建築時だけでなく定期的に買い替えが必要であることも考慮しなければなりません。

補助金がもらえたり、太陽光発電によって光熱費が節約できたりしても、それ以上にコストがかかるのであれば意味がありませんよね。

使う電力以上の太陽光発電パネルを導入する必要がある

一軒家に必要な電力は、それほど多くはありません。

しかし必要最低限の太陽光発電パネルを導入しても、ZEHの基準を満たすことはできません。

そのため基準を満たすためには太陽光発電パネルをたくさん入れなければならず、電力を使い切れずに無駄にしてしまうということです。

また当然ながら、たくさんの太陽光発電パネルを導入するということは、それだけ費用も高くなります。

間取りが制限される

ZEHの基準を満たすためにはリビングを狭くしなければならなかったり、吹き抜けにできないなどの制限を受けます。

住宅デザインにこだわりがなければいいですが、自分が快適だと思う間取りにできずに我慢しなければならないという人は、やめておいた方がよいかもしれません。

快適に暮らせない家をわざわざ高いお金を出して購入するのは、おかしいですよね。

ZEH仕様にするために長く暮らすマイホームのデザインで妥協してしまえば、後悔することになります。

結局お得なの?導入した方がいいケース・しない方がいいケースを紹介

結局ZEHはお得なのか、それとも損なのか、どちらなのでしょうか。

結論から言いますと、どんな家を建てたいかによって導入した方がよいかどうか決まります。

ZEHを導入するとお得になるケースと、損をしてしまうケースをまとめましたので、参考にしてください。

導入した方がいいケース

  • 住宅デザインにこだわりがない人
  • 売却する予定がある人(資産価値が落ちにくい)
  • 環境に配慮した家に住みたい人

導入しない方がいいケース

  • 間取りを決める時などに制限されたくない人
  • できるだけ安く住宅を建てたい人
  • ランニングコストをかけたくない人

ぜひ上記を参考に、ZEHにするかどうか検討してください。